コーティング剤の種類を学ぶ

部屋のタイプに合わせて種類を選ぼう

施工後直ぐに部屋に戻りたい

施工期間中は家に入ることができないため、すでに入居している住宅の施工を行なう場合は期間中は依頼者は家で寝泊まりすることはできません。そのため、別の宿を探す必要があるのです。別の宿に泊まるとなるとホテルなどの場合は宿泊費用もかかってしまいますし、実家に帰った場合でも何かと不便に感じることが多いでしょう。そういった場合は、施工期間の短いUVコーティングを選んでみましょう。紫外線を照射してコーティング剤を固めるため時間をおかなくても直ぐに家に戻ることができます。

いろんなフロアに対応!優れたフロアコーティング

床の材質やコーティング剤の種類いよっては、使うことができないコーティング剤も出てきます。そういった手間をなくすことができるのが、ガラスコーティングです。クッションフロアにも使用することができ、耐久性にも優れているため丈夫で傷のつきにくい種類を選びたいという人には最適です。

小さな子供やお年寄りの転倒防止に最適

床を磨くとおきる現象の中で一番多いのが転倒事故です。ワックスなどを使って床を磨くと摩擦が減ってしまうため滑りやくなってしまいます。そのため、床を綺麗にしたいが転んでしまうのが怖いからできない・・・という悩みを抱えている人も少なくありません。そういった場合は、シリコンコーティングで滑りにくい床にしましょう。フロアコーティングの中でも、滑りにくいタイプのため転びやすい人が居る家庭でも安心して利用することができます。